活動報告 vol.1 久保洋介


今回は、インタビューにも登場してくれた、京都大学法学部3年生の久保洋介さんから、京都文化博覧会実行委員会の活動報告をしていただきます。

久保洋介さん。1985年、大阪生まれ。1歳から6歳までNYに滞在。帰国し、大阪の小学校に通う。家族は米国コネチカット州に転勤するが、単身長崎の寮制中学校で3年間を過ごす。その後、再度渡米し、コネチカット州の公立高校を卒業。京都大学法学部に入学し、現在3回生。学生ガイドコンペティション2006主催者。国際学生シンポジウム参加。外務省主催の国際法模擬裁判大会アジアカップ国内予選京大生代表(日本総合2位、個人成績1位)。外務省主催の日露学生フォーラム、ハーバード大学主催の世界模擬国連大会、国際赤十字委員会主催の国際人道法模擬裁判大会などに日本代表として参加。

活動報告

海外で現地の人から日本文化や日本社会のことについて聞かれたのに、上手く答えられなかったことありませんか?

日本人なのに日本のことをきちんと説明できない。この経験が自分の活動の核になっています。外国語が話せて海外で仕事ができる国際人ではなく、日本のことを誇りに思い、その魅力を海外の方にも伝えられるような国際人になりたい。そう思って、京都大学学生として、現在活動を続けています。

mad_clover これまで京都にて、外国人観光客のための通訳や案内をする活動や、留学生に英語で日本文化の奥深い魅力を伝える企画などを行ってきました。そして今回は、外国人の方だけでなく、自分たち以外の日本の方にも、日本の魅力を見直す機会を設けたいと思い、自分が発起人となり、多くの学生が社会人の協力も得て、「京都文化博覧会」を企画しています。

現在海外で注目されている日本の魅力が何だか知っていますか? 開発途上国支援やTOYOTAの車など色々ありますが、文化の面でいえば、“BUSHIDO”や“MOTTAINAI”など、日本独特の価値観や精神性なのです。日本の心(日本独特の考え方・精神・価値観)には、世界から見ても共感でき、必要とされるものが多く存在するのです。

「京都文化博覧会」は、このような状況の中、日ごろ意識はしていないが、日本に昔からあり、今なお日本人が持ち続けている価値観、すなわち「日本の心」を、京都の学生が新たに発掘し、世界・日本に向けて発信します。私たちが考える新しい日本の心とは、まだ英語辞書に載っていないような日本のコトバで、日本オリジナルな考え方であるけれども、世界にも受け入れられる、同じような単語が英語にはないものです。例えば、「察する」とか、「ほっとけない」とか。

この日本の心を、事前に公募選抜された学生が、約1ヶ月をかけて伝統芸能の著名人や先進企業へのインタビューを行い、伝統芸能と先端テクノロジーから見つけ出す作業を行います。学生が、伝統と現在の双方から、日本の心を新しく導き出すところに本企画の醍醐味があります。

そして、その期間に探し出した日本の心を、11月3日(文化の日)に京都文化博覧会メイン企画「和の語り部」コンテストにおいて、著名な伝統芸能の方や先端企業のエンジニアの方と一緒に発表してもらいます。

当日は京都の新風館というデパートを貸し切り、その他ブース展など、日本人・外国人が大勢いるなかでの発表になります。この企画の目的は、日本の心を、外国人をはじめ、日本の学生にも見直してもらい、“MOTTAINAI”のようなグローバルスタンダードとなりうる、新しい日本の心を提唱することです。

mad_clover 本企画は学生が主導していますが、行政・大学・企業・著名人などに様々な面で協力していただいています。多くの方々がサポートしてくれるのは、日本について深く理解する在日外国人を増やしたり、日本の魅力を発信できる人を養成したり、日本人にとって日本の心について考え直すきっかけを設けたりと、社会的な意義があると感じてもらっているからです。

世界に伝えるべき日本の魅力が何なのかに気づいた私たち若い世代が、積極的に、この京都というまちから、世界に向けてそれを伝えていきます。

詳しい情報や最新情報はHPにて公開しています。
http://wasweb.jp
また、広報も兼ねて、実行委員会である私のブログも公開しています。
http://waskubo.buzzlog.jp/
是非、ご賛同・協力お願い致します。