活動報告 vol.3 小原裕弥


今回は、「ヒヨシエイジ」を率いる慶應大学小原裕弥さんの活動報告です。このイベントは、慶應義塾創立150年記念イベントにも認定されています。インタビューにも登場してくれますので、そちらもどうぞ。
小原裕弥さん。1986年静岡県生まれ。生後すぐに千葉に移り、小学校6年生から高校卒業までの7年間、カナダ・バンクーバーで海外生活をおくる。高校卒業後、帰国し、慶應義塾大学経済学部へ入学、現在3年に在籍。日吉の地域活性化イベントを行うサークル「ヒヨシエイジ」の今年度代表を務めている。


活動報告

ヒヨシエイジ 「ヒヨシエイジ」は、日吉という街を舞台に、「慶應大学」・「地域」を巻き込み、様々なイベントを運営しています。07年度は「つながる」をコンセプトに掲げ、普段接点のない大学と地域をつなぐきっかけづくりを行います。「つながる」きっかけづくりとして、イベントの企画・運営を行うことにより、異世代間の交流を生み、新しい可能性を創出することを目指し、長期的な魅力ある街づくりの形を創造していくことを目標にしています。

10月6日には、今年度のメインイベント「AGE fes'07」が予定されています。「AGE fes'07」は3つのイベントにより構成され、日吉の子供たちに書いてもらった絵をキャンパス内の並木道に飾る装飾企画「イルミネイジ」、学生と地域住民が同じステージを踏み世代を越えた交流を行うステージ企画「ART MiXTURE」、学生と地域住民が各団体の紹介を行い互いに知り合うきっかけ作りを行うブース企画「COMMUNI FIELD」が開催されます。

「ヒヨシエイジ」は、イベントのみの単発の活動に留まらず、定期的に地域住民と意見交換を行う「タウンミーティング」を行っており、長期的な交流を目指しています。他にも、「ヒヨシエイジプレス」という、「ヒヨシエイジ」や大学・地域の情報を載せた地域新聞を発行しており、私たちの活動は多岐に渡りつつあります。今後は、より地域に密着した活動を行うことで、大学と地域をつなげ、ヒヨシエイジの活動をさらに発展させたいと考えています。

 興味のある方、趣旨にご賛同の方は、是非以下のHPにアクセスくださるか、以下のアドレスにご連絡くださるようお願い致します。

ヒヨシエイジ 代表:小原裕弥 慶應義塾大学経済学部3年
連絡先:info@hiyoshiage.com
ホームページ:http://www.hiyoshiage.com/

ヒヨシエイジ