活動報告 vol.10 石井竜馬

今回は、中央大学法学部の石井竜馬さんから、Asian Law Students' Association(アジア法学生協会)と、その活動の一環であるAsian Law Students International Conference 2008について報告を頂きました。

石井竜馬さん。1987年千葉県出身。'05年、米国オハイオ州の現地高校卒業。'06年、中央大学法学部法律学科フレックスB入学。刑法ゼミ所属。 '08年、Asian Law Students' Association(アジア法学生協会)中央大学支部代表。同年6月、「弁護士と救済されるべき人を繋げたい」という想いから、iRasコンサルティンググループを設立し、現在に至る。趣味は水泳とイベント主催。

活動報告

Asian Law Students’ Association(ALSA)とは、多国間の学術的な交流を通して、アジアにおける理想的な法秩序について考え、それを実現することを理念とする団体です。日本を含め、アジア10ヵ国(中国、韓国、香港、台湾、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、シンガポール、日本)が加盟していて、どの国でも国内トップの大学が加盟しています。日本国内では5つの大学(東京、一橋、早稲田、中央、東海)が加盟しています。

以下は、'08年1月にマレーシアで行われた、ALSA加盟国10ヵ国、総勢245名が参加したAsian Law Students International Conference 2008(ALSIC2008)についての活動報告です。日本の代表として参加してきました。

1.企画日時
2008年1月10日〜2008年1月18日

2.開催地
マレーシア
・Pearl International Hotel, Kuala Lumpur
・Universiti Kebangsaan Malaysia, Bangi
・Kuala Lumpur and Putrajaya
・Melaka

3.参加人数
ALSA China-7, ALSA Hong Kong-28, ALSA Indonesia-22, ALSA Japan-7, ALSA Korea-29, ALSA Malaysia-16,ALSA Philippines-28, ALSA Singapore-9, ALSA Thailand-34, ELSA Poland-3 (Observer), Organizing Committee-62 (ALSA Malaysia),
Total: 245
ALSA Japan Delegation:東京:3名、早稲田:2名、中央:2名

 />
			</a><a mce_thref=

 />
			</a><a mce_thref=


4.企画主催者・協力者
Asian Law Students Association Malaysia
Faculty of Law, University Kebangsaan Malaysia
Supported by:
Ministry of Higher Education, Malaysia
Ministry of Youth and Sports, Malaysia
Ministry of Federal Territories, Malaysia


5.企画趣旨
Our theme: “Towards Asian Legal Co-operation”
Our objectives are:
• To equip undergraduates with global legal knowledge.
• To improve undergraduates’ ability to participate in critical discussions
on the subject of global legal issues.
• To train undergraduates who are conscious of constant developments
in the realm of law.
• To improve reputation of National University of Malaysia in the local and
international legal field.
• To let public know the diversity and the beauty of traditions and cultures
of Malaysia. These objectives will be achieved by demonstrating various
cultural performances and also by organizing field trips to historical
places in our country.
 

6.具体的な活動記録
・The ALSA Table Discussion
「ある国で2つの政党が争いを起こしてしまった結果、国の政局が安定しなくなり、政府や議会でも収拾がつかない深刻な状況になってしまった。早急な解決が 求められている以下の諸問題に対して、過去に問題解決の実績があるALSAに解決法案作成の協力要請がきた」という設定のもと取り組まれた。

report_10ishii_3.png
"Blogger's Right, Judges Election, Carbon Emission,
Waste Management, Wealth Inequality, Money
Laundering, Pedophile List, Domestic Violence, Illegal
Immigrants,Wildlife Trafficking"

Session 1 : 各国が自国の現状をプレゼンテーション
Session 2 : 全員で議論とディベートを通して解決策である法案を作成
Session 3 : 有識者に議論に参加してもらい作成した法案に対して意見を要請 そして、6日目に開かれたOpening Ceremonyにて各テーブルテーマの代表者が、省庁の大臣を始めとする協力者の方々やメディア、学生など、総勢700名の方の前で、法案を盛大に発表しました。

report_10ishii_4.png

・The ALSA Symposium:
War, Peace and the Future of Asia 有識者や国際平和機構の方々による講演が開かれ、参加者の戦争と平和に対する意識を啓発、促進する目的で行われました。
・The ALSA Workshop:
Understanding Alternative Dispute Resolution Kuala Lumpur Regional Centre
for ArbitrationとMalaysian Institute of Arbitratorsの方々による仲裁についての講演と参加者による交渉実演が行われました。
・ The ALSA Moot Competition:
International Protection of Human Rights ALSICの目玉プログラムである模擬裁判大会には、一カ国から原告と被告それぞれ二人ずつが参加し、リーグ戦方式で行われました。議題は国際刑事法につ いてで、判事は国際刑事裁判所の現役の判事がいました。結果、模擬裁判世界大会で優勝経験もあるシンガポールが優勝、香港が準優勝を収めました。法律の知 識だけではなく、一貫性のある主張を組み立てられるかどうかが重要だと感じました。
report_10ishii_5.png
・Cultural Night:
ALSA Japanは空手の演技、そしてソーラン節を披露し、大喝采を浴びました。
report_10ishii_6.png
7.感想
アジアのトップの大学の法学生が、いかに、自分が将来の母国を背負い、将来のアジア、しいては世界を形作ってゆく選ばれた存在だという自覚が強いかを認識 しました。英語力、参加人数、事前準備の量、当日の成果、どれを見ても、存在感溢れるものでした。ALSA InternationalにおけるALSA Japanのプレゼンスを向上していくため、これからも頑張っていこうと思います。

ALSA International HP:http://www.asianlawstudents.org
ALSA JapanHP:http://alsa-jp.net