活動報告 vol.11 吉田隼人

今回は、吉田隼人さんから、ParasaiyoとPARACUP2008の活動報告をしていただきました。Parasaiyoは、フィリピンの孤児を支援するボランティア団体で、パラカップ2008は、そのためのチャリティ・マラソン・イベントです。

interviewee_s_46_profile.jpg 吉田隼人さん。1977年東京都生まれ。生まれてから高校1年まで、東京に在住。高校1年の途中から高校3年まで、アメリカのミネソタ州に滞在。帰国後、成 蹊大学経済学部経営学科へ進学。大学卒業後は商社へ入社するが、退社し、飲食業に就く。その後、知人が出資した会社でマッサージ店を開業。‘07年からソ ニー生命保険株式会社に在籍し、現在はライフ・プランナーとして活躍中。

活動報告

私たちはフィリピンの孤児達を支援する事を目的に活動している団体です。「ENTERTAINMENT FOR ALL」というテーマを掲げ、精神的支援を軸に、金銭的支援・物資的支援などをトータル的に行っています。私たちの目標は、子供達が夢を持ち叶えていくそのきっかけづくりとサポートです。上に掲げたテーマ通り、子供達が楽しむのはもちろんとして日本や現地で応援してくださる全ての方も、活動を続ける私たち自身も、この「PARASAIYO」という活動を楽しむことを大切にしています。

<団体名>
PARASAIYO(パラサイヨ)。タガログ語で、「FOR YOU」にあたる意味。

<発足年>
2000年

<活動目的>
フィリピンの孤児達に対するボランティア活動。

report_11yoshida_2.jpg
<活動理念>
『ENTERTAINMENT FOR ALL』。フィリピンの子供達の未来を支えるボランティア活動でありながら、関わる誰もが楽しいと感じる活動である、そんな良い循環をおこす活動を行い続けていきたいと考えます。そして、多くの日本人の中にある「ボランティア」という言葉に対するネガティブイメージを払拭していけたら嬉しいと考えます。

<代表者>
中西 祐
<活動概要>
年に1~2回の夏(と冬)のフィリピンツアーと、日本でのイベント活動が中心。ツアーでは、マニラに宿泊し、マニラ郊外にあるフィリピンの孤児院を実際に 訪れ、スポーツ、歌、ダンス、お互いの国伝統の遊び等を通じて、文化も言葉の壁も超えて子供たちと一体となって遊び、笑い、喜び、歌い、 楽しみ、泣き、
report_11yoshida_4.jpg
と もに大切で素晴らしい時間を過ごします。
日本ではパーティーやコンサート、マラソン大会等の活動を通じて寄付金を集めます。最近では1年で約500万円の寄付金を集め、ツアーの際、直接孤児院に寄付金を届けます。そのお金は孤児たちの大学の進学金や学費、施設の運用費などに使用して貰っています。

Parasaiyo :http://www.parasaiyo.jp/


PARACUP2008~世界の子供たちへ贈るRUN~

 パラサイヨの1年間の活動で、一番大きなイベントであるチャリティーマラソン大会。ランナー2,000人、ボランティアスタッフ500人を募集しています。現在ボランティアスタッフを、まだまだ募集中。

<テーマ>
①「分かち合う感動」
大きな青空の下で、2,500人もの人たちで行う大きなイベント。大会に参加したランナーも、それを支えてくれるスタッフも、海の向こうの子供たちも……
みんなで分かち合う感動を、一度体験してみて下さい。
report_11yoshida_5.jpg
②「喜ばれる喜び」
日ごろの運動不足の解消に、走るのが好きだから、チャリティーイベントだから…
さまざまな想いを持って参加してくれるランナーの皆さん。その想いを最高の気分にさせてくれるのは、他の何でもない、ボランティアスタッフ一人ひとりの力。受付、給水、「がんばれ!!」のちょっとした一言やハイタッチ……
ランナーが喜ぶことに、いつのまにか楽しくなって、喜んでいる自分。人に喜ばれることが、実は自分にとっての喜びになるんだと、少しでも感じて頂ければ幸いです。

日程    :平成20年4月20日(日)
集合場所:多摩川緑地(丸子橋袂)
開始時間:10:30スタート
種目    :ハーフマラソン、10Kmラン、10Kmウォーク
コース    :多摩川緑地~多摩川大橋~丸子橋~新二子橋~多摩川緑地
参加資格:ランナーは健康で心疾患なく最後まで走りきる体力をお持ちの方。ボランティアスタッフは健康であり本大会の主旨に賛同し、主体的である方。ボランティア事前説明会へ参加いただける方
参加費    :ランナー4,500円(中・高校生:2,000円・小学生無料)、ボランティアスタッフ2,000円(小学生無料)
※全て参加Tシャツ・参加賞込み

大会で得た収益は経費を除いて世界の子どもたちのために使います。
詳しくは以下をご参照ください。

PARACUP2008 :http://www.paracup.info/2008/