すどうさんと弟子いど 第3回 弟子いどバンコクに行く

すどうさん
黒人アーティスト系
すどうさん。某大手予備校のカリスマ小論文講師。海外生活体験者の指導を長年務める。また、予備校以外にも、フリーランスとしてさまざまなコンサルティング事業に関わり、海外生活体験者の就活&転職支援および人材開発・能力開発に長年従事、現在も日々未来のリーダーを育成している。彼の指導の下、多くの優秀な弟子が社会に輩出された。その数は、10000人に上る。彼の弟子は、国内のみならず、世界各地を駆け巡る者が少なくない。← 本人談:持ち上げても、何も出んぞ!(w

いど(以下I) 先生!

すどうさん(以下S) 怒! 先生と呼ぶな、先生と!! なんど言ったらわかるんだ!!

I:す、すいません。し、師匠!

S:師匠? 一体、生まれはいつ。。。ん? 以前もあったような? デジャヴか?

I:それより、どこ逝ってたんですか?

S:どおこも行ってない。ずぅーっと仕事してた。やっと、大学受験も終わって。。。

I:受験なんて、とーっくに終わってるじゃないですか! 桜も散って、もう、新学期ですよ!!

S:そ、そうかあ?(汗) つい、この間、受験が終わって。。。

I:なに、ボケたこと逝ってるんですか!

S:その、ねらー的言語使いやめない?(藁

I:すどうさんこそ、(藁とか言ってるじゃないですかww

S:うっ(汗)、そ、それにしても、ずいぶん焼けてるなー。季節ハズレというか(w

I:タイに行ってきたんですw

S:ま、地黒だしな(w

I:はなし聞いてるんですか(怒) タイに行ってたんです!!

S:何しにいったんだぁ? 変なとこ行って来たんじゃないだろうなぁ?

I:女のひとが棒に摑まってるとこなんか、行ってません!!

S:だれも聞いとらんだろ。なんで知ってんだあ??(w

I:リーガルですw

S:で、なにしに行ったのよ。

I:バンコクでディベート大会があって、それに参加してたんです。

S:それにしちゃ、焼けてんじゃん。

I:だから。。。

S:だから、なに?

I:負けちゃって。。。それで。。。

S:で、なに? それで、棒に摑まってる女のひと見に行ったの?

I:パタヤに行っただけです(怒)

S:パタヤ行って、海だけかあ???

I:海だけです!!(泣)

S:そうか、少年、残念だったなあ(爆)

I:酷いんですよ。ネイティブのパートに入れられて。

S:それで、ソッコー負けちゃったわけか。

I:はい。それで、観光の時間いっぱい取れましたw

S:さすがの帰国子女も、ネイティブ相手じゃ、ちと荷が重いか。

I:まだまだ、修行が足りません。

S:妙に、殊勝だな? まぁ、そーゆー訳で、次回に続くだな。

I:あっーーーーーーーーーー、やられた! RTNプロジェクトの概説もまだ終わってないじゃないで
すか!!

S:そんなこと言っても、もう、1ページも残ってないし(w

I:連載どうするんですか?

S:え!(汗) 連載にするの?

I:ホントに怒りますよ。決まってるじゃないですか! わざわざ、コーナーまでつくったんですから。

S:うーーーん、このデザイナーさん、だれ? 乗りすぎじゃない? きみにアートのセンスがあるとは
思わんが(w

I:デザイナーさんも雇いました。このくらいインパクトがあった方がいいんです!!

S:毎回、こんなふうになるの?

I:その予定ですw

S:そ、そうかぁ(泣) と言いつつ、あと数行だな(w

I:来週から、週一で挙げてもらいますからね!

S:マ、マジで?...... ( ̄□ ̄;)!!

I:マジですw

<今週のまとめ> ディベートは、自分より弱いやつとやろう
注:このブログは事実に基づいたフィクションです。

井戸翔太。1988年岐阜県生まれ。出生後東京に引っ越す。6歳の時に渡米し、カリフォルニア州サンディエゴに12年間滞在。高校卒業後、帰国し、東京大学文科Ⅱ類に入学、現在1年に在籍。RTNプロジェクトをはじめ、大学内外で様々な活動を行っている。
すどうさんにお便りしよう!info@rtn-net.com