海外生活体験者・学生インタビューvol.23 ~後編~

interviewee_s_55_profile.jpg 松倉悠介さん。1985年東京都生まれ。3歳からインドのニューデリーに滞在し、6歳の時に一旦帰国。12歳の時にヒューストンに渡米し、ストラットフォード高校に通う。高校では、バスケ部とサッカー部に所属。18歳の時、大学受験を機に帰国し、慶應義塾大学経済学部に入学。大学では、高校生の交換留学を中心に国際教育交流活動を行う留学団体AFSと、楽籠バスケットクラブに所属する。学業では、武山政直ゼミにおいて、中央公論社東京2時間ウォーキング、ワンセグエリア型放送、東京電力単身高齢者のためのICT活用法など、多数のプロジェクトに従事。2008年度4月より、三菱商事に勤務。

―カッコいいですね!(笑) 何故パイオニアになりたいと考えるようになったのですか?

それは多分、中学時代のバスケ部での経験から来ているのだと思います。アメリカにおいてスポーツ部の部員になるためには、まず、トライアウトを受けなくてはなりません。テキサス州は、バスケットボールにおいて、米国でも屈指の強さを誇っていて、アジア人にはトライアウトを受けようとする人すらいませんでした。そこに一人突撃していって、アジア人として唯一受かることができた経験が、こういう考え方をする最初のきっかけだったのかもしれません。入部後は、チームで守る意識や速攻などの「日本的」なやり方を紹介することで、チームに好影響を与えることができたと思っています。この延長線ではないけれど、日本にしかできないことを応用することで、世界をさらに豊かに発展させていけるようなパイオニアになりたいと思うに至りました。

―自分が海外生活体験者であることについてはどうお考えですか?

高校時代は、自分が「日本人」としても「アメリカ人」としても、どこか中途半端に思えて、とても不安だったのを覚えています。それが帰国を決意した理由であり、日本に帰ってきて、日本人としてしっかり「日本」を理解したいと思いました。

今は、自分は自分のままでいいんだと自信を持つことができています。帰国子女として、他人と考えの違いなどがあっても全く構わないと感じるようになりました。日本にも色々な人がいるということを知ったし、良いと思ったことや悪いと思ったことをはっきりという人も沢山見てきました。一般的な「日本人像」に合わせる必要は全くないと思いました。むしろ「帰国」という「自分らしさ」を守って生きていこうと思うようになりましたね。

―その気持ちすっごくわかります!(笑) では、松倉さんが今最も大切にしていることは何ですか?

大事にしていることは、学び続けることを楽しむことです。常に勉強することが長期的に大きな差を生むと思うし、楽しまないと続かないと思うので。

私が就職する三菱商事を始めとした大手総合商社では、自分の希望する部署に配属されないかもしれないという「配属リスク」というものがあります。ただ、もし自分が希望しない部署に配属されても、腐らずに、何かおもしろい、自分の成長につながるようなことを探していきたいと、今は考えています。

例えば、総合商社では営業が花形だと思う方が多いと思いますが、管理部門でも挑戦しがいのあることがたくさんあります。実際、現在の総合商社業界では、グローバルに活躍できる人材が不足し、海外人材の採用、育成、登用などが大きな課題の一つとなっています。人事部に入って、グローバルな競争力を得るための採用方針などを決めていくのも、やりがいがあることだと思いませんか?

また、成長することも大事ですが、それ以上に、「感動」とか「誇り」というものを大切にして、仕事をしていきたいですね。

―それでは、これから就職活動をする後輩へのアドバイスを何かお願いします!

「軸」を見つけることが、就職活動において大事だと思います。ただ、勘違いしてほしくないのは、「軸を見つける=自分がどう社会に貢献したいか」ということだけでは、必ずしもないということです。結果として何が提供できるかも、もちろん重要なことですが、それよりも大事なのは、仕事のプロセスを考えることです。

例えば、よく総合商社に行きたい人が「~に貢献したいから、総合商社しかない!」と言います。それよりも、仕事のプロセスをきちんと踏まえた上で、自分がどのように仕事をしていきたいのかという、自分の理想の「仕事の仕方」というものを考えてほしい。特に、学生側が思っている仕事内容と実際の内容が違うということもよくあるので、仕事のプロセスをよりよく理解するために、OB訪問を徹底的にすることが大事だと思います。その方が、志望動機がより具体的になると思いますし、面接時に説得力も増すと思います。

―ありがとうございました。では最後に、なぜ大手総合商社五社の中で三菱商事を選んだのですか?

先見性が最もあるというのが最大の理由です。どの総合商社でも言っていたことなのですが、今の日本の総合商社の弱点は、海外人材の登用や育成が進んでいないことです。父曰く、これは大手総合商社5社すべての課題だと聞きました。ただ、その中では、三菱商事だけがHRDセンターといった具体的な解決策を打ち出してきています。日経ビジネスの記事にも載っていましたよね(笑)

また、先程述べた「パイオニア」になる夢を実現したい自分にとって、ブランド力が強い三菱商事が最もビジネスをやり易いと伺ったことも、選んだ理由として挙げられます。実は三井物産の「人」にも非常に魅かれていたのですが、どちらにしようか迷っていた際に、魅力ある人は三菱商事にもいるということを、三井物産の社員の方に言ってもらえました。就職活動を通して大きな尊敬の念を抱いたその社員の方に、そう言ってもらえたのが一番の決め手でしたね。
interviewer_s_43_profile.jpg 西堀裕二郎。1985年千葉県生まれ。5歳から10歳まで米国のハワイ州、ホノルル市に滞在し、4年半過ごした後、一旦帰国。14歳の時に、今度はイタリアのミラノ市へ。American School of Milan高校を首席卒業後、日本の大学受験を機に帰国し、現在一橋大学商学部経営学科4年に在学。大学ではCANNONテニスサークルに所属し、財務会計と企業価値評価・分析を専攻。‘07年1月には学内のGoldman Sachs Global Leaders Programにノミネートされ、同年2月にはFRI&Associatesが主催するFRI Winter Camp 2007に参加。’08年3月に「日経STOCKリーグ」の大学部門で優勝。学外では、日系投資銀行や外資系投資銀行、日系シンクタンクでインターンを経験。卒業後は、某証券会社のリサーチ部門で証券アナリストとして働く予定。