活動報告 vol.15 M.T

今回は、早稲田大学政治経済学部のM.Tさんから、早稲田大学男子バスケットボール部の紹介をしていただきます。マネージャーとして部活を支え、大学バスケットにどっぷり浸かっている彼女。体育会や部活に興味のある方もない方も、M.Tさんのバスケ部への熱い想いを、是非感じ取ってください。

report_15MT_1.jpg M.Tさん。1988年東京都生まれ。高校1年の時に渡英。2年間ロンドンで高校生活を過ごし、卒業後帰国。早稲田大学政治経済学部へ入学、現在は国際政治経済学科2年に在学中。

活動報告

みなさんは、「体育会」や「部活」と聞いて何を思い浮かべますか? 上下関係、厳しい規則、スポーツ馬鹿……。こういったネガティブなイメージを持っている人も、少なくないと思います。最近は体育会の不祥事も目立ちますし、特に、みなさんのような海外生活体験者の方々は、「体育会」という響きだけで拒否反応!かもしれません。私は、この「活動報告」の場をお借りして、体育会って本当はこんなところなんだよというのを、少しでも知っていただければなあと思っています。

まずは、簡単に早稲田大学男子バスケットボール部の紹介をしたいと思います。昨年度までは関東大学1部リーグに所属、今年度からは2部リーグに所属します。練習は週6日、オフは月曜日のみです。部員はプレーヤー・スタッフを合わせて40名ほど、早稲田大学文学部キャンパス内の記念会堂で練習をしています。 report_15MT_2.jpg

昨年度の公式戦の成績は、関東大学春季トーナメント準優勝、関東大学秋季リーグ戦7位、全国大学バスケットボール選手権では6位という成績を残し、このお正月には、天皇杯という栄誉ある大会に出場することもできました。

さて、体育会に所属する部(ここではバスケ部ですが)とは、そもそもどんな団体なのでしょうか。

体育会は、大学から命を受け、「勝つための集団」として試合に臨んでいます。ここがサークルと決定的に違うところです。私たちは、試合で勝つために日々練習しているのです。この結果主義的なところが、みなさんにはきっと妙にストイックに映ってしまい、敬遠されてしまうのかもしれません。しかし、当の本人である選手たちにとって、「勝つこと=楽しいこと」ですから、彼らはそのプレッシャーをも楽しんで、試合に臨んでいるように見えます。

また、私の所属する部に関しては、理不尽な上下関係は一切ありません。他大学では1年生が4年生としゃべるなんてありえない、なんていう話も聞きますが、チームワークがウリの早稲田では、そういうことは一切ありません。私は相当構えて入ったので、逆に拍子抜けしたくらいです。普通に目上の人に接するように接すれば、怒られることもありません。
 
ここで、私が考える、部活に入る最大のメリットをお話したいと思います。それは、異文化体験ができることです。私たちは、海外での生活を経験し、様々な見聞を広げてきました。しかしそれは自分と同じようなレベルの人々の間での話です。体育会は、はやりサークルに比べると上下関係も強いし、非合理的だと思うことは少なからずあります。これはみなさんにしてみたら、非常に日本的で、息苦しいと感じるかもしれません。しかし、この異文化体験を大学在学中にすることは、私は自分にとって大きなメリットになると確信しています。

また、部活動をすることで、かなり密度の濃い人間関係を築くこともできます。長期休みに入れば、朝から晩まで生活を共にすることもしばしば。特に、大学は高校のようにクラスがありませんから、人間関係が充実していないなと思うならば、体育会に所属することも、選択肢のひとつとなりうるかもしれません。

これは、私が実際入部してみてわかったことですが、部員は普通の人たちです。ただちょっと人よりバスケのセンスに優れているだけです。部活動をやっている人は特別視されがちですが、なにも体育会員全員がハンカチ王子のような遠ーい存在ではありません。学期末には単位が取れるか心配するし、youtubeで面白い動画を見つけてきてはそのネタを披露してくれる、ごくごく普通の大学生なのです。 report_15MT_3.jpg

しかし、バスケットに対しては誰よりもアツい部員たち。“勝たねばならぬ”彼らの戦う姿をまず見ていただきたい。学生だからって馬鹿にしちゃいけません。試合会場では、かなりレベルの高い戦いが繰り広げられています。次の公式戦は5月26日から始まる春季トーナメント。4年生が抜けて戦力大幅ダウンと巷で囁かれている早稲田バスケ部ではありますが、着々とその下馬評を覆す準備に取り組んでいます。会場に来て、空気を感じてください。帰る頃には、大学バスケットにどっぷり浸かっていること、間違いなしです!

早稲田大学バスケットボール部 official website:
http://www.waseda-basketball.com/