海外生活体験者・社会人インタビューvol.23~第3編~

interviewee_s_56_profile.jpg T.Kさん。1976年佐賀県唐津市生まれ。茨城県つくば市で育つ。中学2年の夏に家族でフィジーへ。4年弱を過ごした後、単身イギリスへ渡り、パブリック・スクールに通うも、3ヶ月で退学。その後、日本へ帰国し、高校2年の3学期から、神奈川県の高校へ編入。一般入試で一橋大学社会学部入学。卒業後は電通に就職。現在はTVブロス編集者。

一般入試で受験する

W:そうなると、やっぱり電通とか結構ムラ社会ですよね? 何で電通に??
K:何で電通か? あのね、まぁ、簡単に言うと、大学、二浪したんですよ。
W:え? 一般入試受けたんですか?
K:そうです。知らなかったんです。
W:え? 何を? 帰国生入試の存在を?! ありましたよね? 帰国生入試。
K:ありました。あって、自分がその状況に当てはまるっていうのを、入ってから知ったんですよ。
W:周りに同じような境遇の人がいて、お前も同じ帰国だろっていう?
K:そうです。
W:えー……。一般入試、凄い大変じゃなかったですか?
K:いやー、そんなことないですよ。だって、高校二年の3学期に学校入って、一年で卒業じゃないですか。で、その後2年で、丸3年行ったことになりますもん。
W:確かに。。。(汗) でも、数学も要りますよね、国立だと。
K:数学要りますよー。
W:数学できたんですね。
W:いや、高校編入のときも、「君の数学はー」って(笑) 先生が驚くほど数学の点数が悪かった。偏差値27でしたからねー(爆) でも、本番でなんとかなったんですよね。
W:だって、数ⅡBまで要りますよね?
K:いや、どこまで要ったか知らないですけど、とにかくセンターは散々でしたね。200点満点中69点でした(爆) ヤバかったです。現役の時に、最初東大後期受けたんですよ。
W:おー! やりますね!
K:ええ。「やったるわいっ!」って(笑) 東大後期って全教科必要ないじゃないですか。それなりに高い点数取れたんですよ。で、おっしゃー!って矢先に、阪神淡路大震災があったんですよ。そしたら、受験より、そっちに行きたくなっちゃったんですよねー(笑)

「受験は来年来るけど、大震災は来年来ねぇ!!」

W:え?(汗) あ?(汗) ボランティア???
K:物見遊山ですよ。ボランティアという名の(爆)
W:あれって、1月17日ですよね。
K:そう、センター終わって直ぐ。で、親に「受験は来年来るけど、大震災は来年来ねぇ!!」つって。歴史に残る名台詞を残して行ったんですよ(笑)
W:そうですねぇ、震災は来年来ないでしょうねぇ……(絶句) でも、人生変わっちゃうとか思わなかったんですか?
K:でもねぇ、街が本当、崩壊しててねぇ。凄かったですねぇ。あんなのを見ると、本当に受験とかどうでもいいなぁって思うんですよね。で、そのまま一浪に突入して。また、遊んじゃってー。あ、僕ずっと一人暮らしだったんですよ。で、唯でさえ自分に甘いのに、一人暮らしで受験とかって、本当に絶望的な(苦笑)
W:塾とかって行ってました?
K:あぁ、遊びに行ってました。5時から7時に。
W:えっ?
K:皆の授業が終わる頃ですよ。
W:友達に会いに?
K:そう、そのまま終電まで遊んで。毎日それでしたよ。
W:楽しかったですね、じゃあ(汗)
K:楽しかったです。いわゆる日本での青春? 修学旅行とか行ったりしてないんで、そういうのを取り戻してる感じがしましたね。
W:へぇー。それはそれでいい経験ですよね。じゃあ、後半ぐらいからは真面目に勉強を?
K:いや、しなかったですね。一浪の受験のときに、「もうやべぇ、何から手を付けたら良いんだ!」みたいになっちゃって。で、そんな矢先に、北海道でトンネル崩落事故があったんですよ。
W:ふふふふふふ(汗)
K:で、「俺トンネルに行く!」つって現実逃避して。
W:トンネル……。
K:トンネルねぇ、北海道目指していったんですけどね、途中のね、青森で調子の良い温泉見つけちゃって。
W:見てないんですか?
K:トンネルすら見ていない。
W:えっ。。。(汗) じゃあ、阪神淡路大震災って、どれくらい行ってたんですか?
K:結構いましたよ。
W:何ヶ月も?
K:いや、一ヶ月くらいかな。
W:ボランティアって何するんですか?
K:便所の掃除とか。
W:一人で行って?
K:そうそう。知り合いがね、芦屋で教会やってたんですよ。で、そこで手伝ってるふりしながら、自転車を拝借して、あっちこっちくるくる回って。ていうか、タダで生活できたんですよ。町中で色々配ってるんです。
W:救援物資を……。
K:そう。ごめんなさい!
W:でも、阪神大震災のときって、全ての交通機関がストップしてましたよね?
K:だから自転車で。西宮西口まで電車が走ってたのかな? そのあと自転車で。あれは、いい経験ですよ。で、二浪目突入。で、また遊んじゃったんですよねー(爆) ヤバイってなったときに、「もういいや! もうままよー!」みたいな。で、その時初めて受験らしい受験をしたんです。

ぶっつけ本番がやって来る

W:え? それって試験を受けに行ったって意味ですか。
K:うん。
W:いや、でも、その前に勉強。。。
K:いや、だから勉強放棄してたんですもん。
W:でも、国立受けるためには5教科要りますよ。
K:そう。だから、一応5教科分の授業取ってたんですよ。でも、全然やってなかったですよ。模試も受けなかったし。
W:えー、じゃあぶっつけ本番?
K:ぶっつけ本番ですよ。さすがに二浪目は模試受けたのかなー? でも、数学の偏差値が20代のままとか、散々で。まぁ、でも、自分の本番力を信じてね(笑)
W:でも、二浪目とかだと、焦りませんか? 将来どうしようとか。
K:いや、まぁねぇ、それなりに焦りますよね。先輩なのに唯一大きい顔出来ない先輩ですからねぇ、多浪生って(苦笑)
W:あぁ、まぁ、不名誉な先輩ですよねぇ。。。
K:だから、その時は真面目に受験はしたんですよね。そしたら、何か受かっちゃってね。神風でしたね。
W:いや、神風だけじゃ受かりませんよ。
K:でもね、地理だけはね、異常に出来たんですよね。地理の鬼だったんです。高校のときとか、全国2位とかなりました。
W:でも、地理だけじゃ受かりませんよ。それに、海外が長いと漢字とかちゃんと読めたり書けたりしました?
K:あー、漢字とかはねぇ、あとで自然と付いてきたって感じですかね。
W:だけど、フィジーって日本人学校とか、補習校ってないでしょう?
K:ないから、「馬鹿!!!」が最大の罵倒語だったんです(笑)第4編はこちらから>>

若林志帆。1986年広島県生まれ。高校2年まで外国とは無縁に過ごす。17歳の冬、無謀にも単身渡英。語学学校を経て、現地の高校へ。ケンブリッジで2年間の高校生活を送り、卒業後帰国。現在は慶應義塾大学法学部政治学科2年に在学中。