海外生活体験者・社会人インタビューvol.40〜後編〜

interviewee_s_93_profile.jpg 山口久仁子さん。1981年5月、結婚後すぐにジョージア州アトランタへ渡米し、5年間の在住を経て、日本へ帰国。その3年後、1989年からドイツのドュッセルドルフへ。1994年に再度日本へ帰国した後、帰国子女教育のサポートを始める。2001年にロサンゼルスへ再度渡米し、その間3年は活動を休止したが、帰国後に再開する。現在は、帰国子女教育の情報提供・サポートをするボランティア「海外&帰国保護者のサロン:ピアーズ@関西」を運営し、精力的に活動中である。

アメリカで3年間を過ごし、再び日本へ帰国した山口さんは、グループの現状にやや戸惑うことになる。

「グループは、あたらしい人を育ててくれていて、それはとても嬉しく思いました。私はグループのお手伝いをするという形で、細く長くでもグループを支えていけたらなと考えていました。」

「でも、私が渡米する前と後では、グループの方針にやや差異があったんですね。以前は、海外で現地校で学ぶなどして、日本の学校が想定しているカリキュラムから一旦離れたお子さんを主なお相手としていました。お子さんたちが日本に帰ってきたときに、このメインストリームに戻るお手伝いがしたい、そういうコンセプトで運営していたんです。」

「それに対して、帰国後のグループは、そういった帰国子女を対象にするというよりは、日本の受験戦争に対応する形を目指しているように感じました。たとえば、帰国子女受け入れ校ではない学校でもハイレベルな有名校ならば学校情報を載せるとか。「帰国子女受け入れ」のためのものではなく、「トップ校への入学・編入」の要素も重要視するというふうに、視点が移っていたんですよ。」

「もちろん、そういった情報を必要とされる方もたくさんいますし、帰国とは関係のない形で編入することも一つの道です。でも、私はやはり、もともとの理念である「帰国子女のための」サポートをしたかった。不足した日本語力をカバーし、日本の学習指導要綱に追いつくことを望む方には、それが準備・想定された「帰国子女受け入れ校」の情報が必要だと思ったんです。また、こどもの教育だけではなく、帰国した母親自身の社会への関わり、生き方という点も大切にしたいと考えていました。」

そう思った山口さんは、精力的に活動をはじめた。

「「じゃあ自分で創ろう!」と思いました。これが現在のブログ開設に至った契機です。私の渡米前に活動に関わっていた方々も、私のブログを聞きつけて、自発的にお手伝いしてくれています。」

「活動内容は基本的には以前と同じです。学校を訪問したり、ブログの書き込みやメールで質問や相談があれば、それに答えたりします。月一回の茶話会という話し合いの会も持っています。以前と違って本は出していませんが、当時と比べれば紙媒体である必然性は薄れていますから。かつてはパソコンも普及していませんでしたから、情報を冊子にすることがとても重要でしたが、今はかえってネット上の方が情報の更新も伝達も速いので、こちらを採用しています。お金の余裕もありませんし。インターネットは自動車のようなものですね。使い方を誤れば凶器になりますが、正しく使えば大変有用です。今では世界中の人から書き込みやメールがあります。」


「ピアーズ@関西」の誕生である。

「日本に住む中国人の方にお聞きしました。家族で来日した方なんですけど、お母様が、お子さんの通う現地(日本)の小学校から「おどうぐ箱(=小学生が机の中にしまう、文具や工作用具を入れた厚紙製の箱)を持ってきてください」といわれたけれど、意味がわからなくて、考えて、考えて、その結果、子供にオルゴールを持たせてしまった……なんて体験談を聞かせてもらいました。私も、ドイツにいるときは学校から通達されたものがわからなくて困った経験があるので、お気持ちがすごくよくわかりました。なにせ学校からのお知らせがすべてドイツ語で書かれているんですから!」

「こんな経験もあります。アメリカにいたとき、学校から「バレンタインを祝うために何か持参してくること」という内容の連絡があったんです。日本だと、バレンタインは女の子が男の子にチョコレートをあげる日と決まっているでしょう? だから私は娘にクラスの男の子の人数を聞いて、その人数分だけバレンタイン・カードをもって行かせたんですよ。でもアメリカでは、バレンタインは男女関係なくプレゼントをあげあう日ですから、本当はクラス全員分持っていかなければならなくて。足りなくて困ってしまったようです(笑)」

「また、ドイツの連絡網にも困りましたね。学校からの連絡が電話で回ってくるんですが、紙に書かれているなら辞書を引きながら読めるものの、音でドイツ語を聞き取らなければならないのですから、本当に大変でした。」


3度もの海外生活を体験してきた山口さんだからこそ、さまざまな海外生活者の苦悩も、まるで自分のことのように感じ、察することができるのだろう。

文化間にギャップはある。人は異国に降り立つとき、ときにそのギャップに足を掬われ、戸惑い、悩む。各国特有の習慣になじめないと感じるときもある。でも、その溝に嵌ってしまっても、常に明るくいることが大切だと、山口さんは言う。

「ネガティブよりはポジティブにいること! 私は常にそれを心がけています。」

その証拠に、これらの経験を話す山口さんは終始笑顔。ポジティブな山口さんにかかれば、かつてのささやかな失敗談は、いまや素敵な笑い話だ。

帰国子女のサポートをする上で、心がけていることはあるのだろうか。

「一番に考えていることは、「海外生活者が、ポジティブな気持ちで日本に帰れるようにサポートすること」です。子供の教育に希望をもって欲しい。全部が全部、いいニュースばかりではないけれど、それを誇張しておどかすようなことはしたくありません。」

「もう一つは、「押しつけないこと」です。たとえば、これから海外へ赴任するという方に、お子様の学校選択について――日本人学校か、現地校か、など――長所・短所の情報は提供しますが、「こうしたほうがいい」「こうすべきだ」などと、意見を押し付けることはしまぜん。そのご家庭の、その人自身の選択や気持ちを、私は大事にしたいんです。選択はその人自身にしかできません。そもそも、自分の体験を一般化することなんてできませんよ。その人その人で性格や向き不向きが違うのですから。」

押しつけないけれど、寄り添う。ブログに集う人々は、そのスタンスを大切にしながら、「自分だけの道」を模索し、「自分だけの正解」を選びとっている。

「4、50校、学校訪問で回ることもありました。活動そのものが好きで、興味がありますから、全く辛くないです。今現在、二人の娘は、一人はシンガポールの大学で日本語教師、もう一人は医大生になって自立していますから、私は自由になる時間を使って、このサポート活動を続けているわけです。」

そういって微笑む山口さんは、とてもパワフルだ。ホームページを見ても、帰国子女教育に関するニュースをアップしたり、談話室で様々な方の相談に載ったりと、「ピアーズ@関西」を本当に楽しんでいることが窺えよう。

海外でふと心細くなったとき。日本に帰国した後どうしようか迷ったとき。海外生活の体験を語り合いたいとき。「ピアーズ@関西」のページをちょっと開いてみてほしい。これからの道を前向きに選ぶヒントが、そこには詰まっている。

ピアーズ@関西 website :http://peerskansai.web.fc2.com/

前編はこちら>>


吉田瑞穂。1986年生まれ。中学2年の秋に渡英し、4年半をイギリスのロンドンで過ごす。ISL(インターナショナル・スクール・オブ・ロンドン)卒業、IB取得後、京都大学法学部に入学。現在4回生。「薬害肝炎起訴訟を支える学生の会大阪」および「司法研究会」に所属。‘05年国際法学研究会模擬裁判大会において新人賞を獲得。‘06年インターカレッジ・ネゴシエーション・コンペティションに、京都大学代表として出場し、準優勝。