海外生活体験者・社会人インタビューvol.59〜後編〜

interviewee_s_150_profile.jpg 吉岡利代さん。東京生まれ。中学3年まで東京に在住するが、高校1年のときに、父親の転勤で、アメリカ・ワシントンDCへ。高校3年間を過ごす。国際関係に関心をもち、Academy of the Holy Cross卒業後は、ボストンのタフツ大学へ進学し、国際関係論を専攻、3年次にはイギリスのオックスフォード大学へ交換留学する。06年に卒業後、帰国し、2年間ゴールドマン・サックスの投資調査部に勤務。08年8月から、国連難民弁務官事務所UNHCR在日事務所で働き、09年4月からHuman Rights Watchのスタッフとなり、日本政府に対する政策提言を行っている。

同じアングロサクソンでも大違い

―アメリカの大学からイギリスの大学に行くと、言葉も英語が通じるし、すんなり溶け込めそうなイメージなのですが、実際はどうでしたか。

それが、アメリカとあまりに違うので、すごくびっくりしました(笑) 授業のシステムもぜんぜん違ってて。Oxfordとタフツ大学が提携校で、その提携プラグラムで留学したのですが、Oxford大学は特殊な授業のプログラムなんですね。先生と一対一で授業をする授業方式なんです。しかも、一週間に1時間しか先生と会えない(苦笑) そして、毎回授業のときに、リーディングリストというものを渡されて、そのリーディングリストに、本のリストが20冊分書かれているんですよ。そのなかから、10冊くらい本を読んで、10ページ分くらいのレポートをカリカリ書いて、授業のときに提出するんですね。

―ほかの授業はないんですか?

大体ワンセメスター3科目をとるので、一対一の授業が週に3回あって、それ以外の時間はひたすら本を読んでいるという感じです。ただ、私が留学したのが3年生のときだったので、先生と一対一の対話形式の授業がメインでしたが、1、2年生のときはイントロの授業とかもあると思います。アメリカは、みんなでディスカッションして、意見交換してという授業が多かったので、すごくカルチャーショックを受けました。私、本から勉強してるの?みたいな気持ち。ただ、すごくいい経験にはなりました。

―授業以外の面でも、違う部分ってありましたか? 人の雰囲気とかも違うのですか?

人の雰囲気とかもぜんぜんちがう(笑) アメリカ人だと常にオープンで、いつもウェルカムという感じの人が多いと思うんですが、イギリス人はシャイな人が多いです。打ち解けるまで時間がかかる。イギリスには実質10ヵ月いたのですが、なかなかイギリス人とは仲よくなれなくて、すっごく仲のいいイギリス人の友だちはできなかったですね。やっぱり日本と似ているなという感じがしました。

―雨が多いって聞きますが?

天気はつらかったですね(苦笑) 向こうは10月から授業が始まるんですが、5時くらには外が真っ暗になってしまうんですよ! お店が6時、7時に閉まってしまうので、やることがなくて、本当にどんよりって感じでした。けれど、初夏は本当にきれいで、6月はバラが町中に咲いていて、さすがイギリスという感じでした。

ちなみに、ボート部に入っていました。それも、イギリスにいないとできないなという理由で入っていました。朝5時から練習といった感じで、大変でしたが、それはそれで楽しかったですね。

アメリカでは新卒でも一人前として扱われる

―大学を卒業されて日本に帰られた理由を教えていただけますか?

アメリカで就職するか、日本で就職するか、正直迷いました。日本に帰ってきた理由が2つあって、新卒として就職するには、日本の方が自分が成長できると思ったから。アメリカだと、新卒として就職しても、一人前として扱われるんです。会社から教えてもらったりとか、そういうことはあまりないんですね。研修とか、もちろんあるのですが、自分でがんばれよっていう感じなんです。日本だと新人研修とかがあったり、会社の中でもまれながら育ててもらえるという、温かい文化があると思ったので。

―やはり、アメリカで新卒として職を探すのは難しいんですか。

私の友だちを見ていても、みんな結構苦労していましたね。大学院に進んだひとも、半分くらいいました。

―経験がないと雇ってもらえないということなんですか?

分野によってはそういうこともありますね。小さな法律事務所に入って、下積み経験をして、また大学院に戻るというひともいました。アメリカ人の友だちでも、就職活動には苦労していましたよ。

日本に戻ってきた二つ目の理由として、アメリカで日本語が話せる日本人よりも、日本で英語が話せる方が、ちょっと世の中、社会の役に立つかなと思ったことですね。と言うか、いい仕事が見つかるかなと思ったからですね(笑) アメリカ生活も7年くらいになっていたので、いい加減、日本のことも勉強しなくちゃと思ったこともあります。

―就職活動はどのようになされたんですか?

就職活動は短かったですね。ボストン・キャリア・フォーラムで就職活動したんですよ。あれだと、金土日の週末3日間で決まってしまうこともあります。事前エントリーがあって、キャリア・フォーラムの2週間前くらいに、オンラインでエントリーします。そのあと、書類とかを提出して、企業側から何日目の何時にブースに来てくださいと言われ、そこで面接をします。外資系だと、その場でオファーが来たりします。それ以外だと、キャリア・フォーラムの1週間後くらいに、東京本社の人と電話で面接して、そこでオファーが来るとか、すごく期間としては早く決まります。

思い描いていた夢を実現する

―投資銀行では、どのようなお仕事をされていたのですか?

投資調査部で企業調査をしていました。ソニーやパナソニックなどの、テレビメーカーを調査するチームに配属になったんです。取材に行ったり、業界のプロの方のお話を伺ったりしながら、これらの会社の業績予想を作成し、投資判断におとしこむ。時代の流れを肌で感じながら仕事が出来た経験は、一生の宝物です。

―投資銀行で2年働いて辞めたわけですが、その決断ってすごいなと思うんです。

でも、小学校、中学校のときから思い描いていた夢だったのですね。途上国で一度は生活したいと思っていて。学生時代はなかなか機会がなかったんですね。そこで、社会人で一度働いたし、行くぞと思ったんですが、結局行けず(苦笑) だから、日本で似たような仕事をやろうと思って、UNHCRの方に行ったんです。

―UNHCRではどういったお仕事をされていましたか?

日本国内の難民の方との仕事でした。ミャンマーとかスリランカから来て、日本に保護してもらいたいと思って、難民申請する人たちがいるんですね。その人たちを助けようという仕事なんですが、そのような方の援助体制を整えるために、法務省の人に交渉しに行ったりしていました。

―仕事のやりがいは難民の人を助けられることですか?

アメリカに行っていて、将来的には日本の国自体を国際化したいなという思いが強まったんですよ。日本って、経済的にも文化的にも大きな国なのに、内向きですよね。日本国内の外国人とか、あ!外人って感じですよね(苦笑)

日本国内にも、外国人で困っている人がいるんだっていうことですね。自分の国なので、日本国内の困っている人を助けられるのは、やりがいを感じました。ただ、難民認定してもらうには、すごくハードルが高くて。少しずつは変わってきているけれど、なかなか聞かないですよね。メディアでもあまり取り上げられないし。

―今の仕事に転職されるきっかけを教えてもらえますか?

UNHCRの仕事自体が契約スタッフみたいな感じでした。UNHCRの契約を更新するかしないかのときに、それが昨年の4月で、ちょうどhuman rights watchの事務所が4月に開設して、開設と同時に一人スタッフを募集していたんです。私も、国連でこのまま続けるか、新しい仕事を探すか、迷っていて。私のやっていたポジションがずっとあるかどうかもわからない状態だったので。

―契約スタッフから正規のスタッフになるのは難しいのですか?

正規の国連スタッフはかなり難しいですね。国連の採用の倍率はすごく高いです。また、大学院卒でないと行けません。契約社員のポジションもいつまであるのかわからなかったので、どこまで国連の中でやっていくか悩みました。

―最後に、現在のHuman Rights Watchの仕事内容を教えていただけますか?

東京事務所は2人の職員でやっています。日本政府に対する、政策提言をしていて、日本の外交政策を、もっと人権を尊重するように働きかけています。日本って、外交力を持っていて、いろんな国に、お金をあげたりしているじゃないですか。その割には静かな外交をやっていて、人権侵害が起こっている国に対してもお金をあげたりしてしまっている。その国で人権侵害が起こっていてもあまり口うるさく言わなかったりしているんですね。だから、人権侵害をやっちゃだめだよと、ちゃんと言ってもらうように、外務省にお願いする仕事をしています。それがメインの仕事ですね。それから、メディアの人に対しても、世界中でどのような人権侵害が起こっているのか、ニュースを流したりしています。

―最後にメッセージをお願いします。

海外で暮らした日々は、みなさんの考え方、生き方に様々な影響を与えていると思うんです。だからこそ悩んでしまうこともあるとは思うのですが、海外での貴重な経験を力に、そして自分らしさを大切にしながら、世界で羽ばたいていけたら素敵ではないでしょうか。一緒に頑張りましょう!

―今日は長い時間本当にありがとうございました!

インタビューアから一言

お話を伺う前の印象は、本当にスマートでシャープな方といった感じでした。しかし、お話を伺っていくと、第一印象とは裏腹に、すごくきさくな方で、いつも緊張してしまいがちなインタビューも、楽しくさせていただくことができました。生き生きとNGOで働いてらっしゃる吉岡さんを見て、私もこんな社会人になれたらと憧れてしまいます。ご自身の就職活動のお話、金融機関で働いてらっしゃった頃のお話も興味深く伺えて、大変参考になりました。今回はお忙しいなか本当にありがとうございました。

前編はこちら>>
秋山雪乃。1986年京都府生まれ。中学2年まで日本で過ごし、その夏に渡米。カリフォルニア州サンディエゴ・アーバインなどに滞在し、高校2年の年に 一 時帰国。その夏、再び渡米。University High Schoolを卒業し、帰国後、早稲田大学法学部に入学。1年休学して北京語言大学に留学し、現在4年に在籍。憲法水島ゼミ所属。学生NGOチャオに所属し、中国ハンセン病療養者村でのボランティアに従事している。