海外生活体験者・社会人インタビューvol.60〜第3編〜

interviewee_s_154_profile.jpg 池光正弘さん。1966年生まれ。徳島県出身。88年、徳島大学を経て、日本マクドナルド株式会社に入社。ビジネスのノウハウを習得した後、03年に株式会社はなまるに入社。その後、独立を決意し、モスクワにて06年に有限会社MIBを設立し、07年7月に日本食レストランУДОНъяСАНを創業。店舗はモスクワに8店舗、ニジニ・ノヴゴロドに1店舗を展開中で、10年4月からはサンクトペテルブルクにも出店予定。現在は社長として、サンクトとモスクワでの展開促進と、日本の居酒屋のような新規業態の展開に向けて精力的に活動中。

今回インタビューを受けていただいたのは、モスクワで日本食レストラン「УДОНъяСАН(読み方:ウドンヤサン)」を経営されている池光正弘さん。彼の独立に向けて歩まれた道のりについて、熱く語っていただきました。

池光さんの迷い ~好きなことって何だ?~

―「独立する」と目標を決め、それに向かって必要なスキルを磨いて、とても理想的な形ですね。

今でこそ独立はしましたが、実はまだ悩んでいることがあるんですよ。「私は何が好きなんだ」
と。

私の妻は理学療法士なんですが、彼女は昔からこの職業が好きだったようです。有名大学に合格したにもかかわらず、両親の反対を押し切ってそれを蹴り、理学療法の専門学校に行ったくらいですから。若い内から「やりたいこと」を明確に持っていた人だったんです。

一方の私は、「何が好きなのか」と聞かれると、正直悩んでしまいます。うどん屋が別に好きだというわけではないですし、経営することが別に好きだというわけでもないんです。学生時代、友人と将来の夢を語り合って夜を明かしたときなんかも、はっきりと自分の夢を言える人がとてもかっこよく見えました。

でも逆に、良かったこともあります。確かに、夢を見ている人に対して憧れを持ち、「自分が好きなものは何だろう」「自分も夢を追いかけたい」という悩みがありました。しかし、その悩みがあったからこそ、「夢を追う」という姿にロマンを感じているのかもしれません。ロマンチストになれたからこそ、モスクワへ行くということに対しても、リスクに怖じけず踏み出せたんだと思っています。

ですから、若い内はたくさん悩んでください。それから、リスクを取らなかったら成功はないですよ!!

―心得ました!!

奥せず前へ進みましょう! ~池光さんからの4つのメッセージ~

―最後に、何か日本の方々や、若い人へのメッセージをいただけますでしょうか。

うーん、いざ「メッセージを」と言われますとね……。では、4つほど(笑)

そうですね、まずは「日本食企業のみなさん、この世界的な日本食ブームを逃すのはもったいないですよ!」ですかね。日本食で海外に出店するには、もちろん一筋縄では行きません。日本食レストランのマネージメントの構造にも問題が有ります。例えば、調理人は「できるだけ良い食材を使って、美味しいものを作ろう」とします。しかし、経営者は「できるだけ材料費を抑えて、利潤を上げよう」とします。考え方は真逆なんです。つまり、調理とマネージメントとでは、まったく全く目標が違います。ところが、多くの日本食レストランでは、調理人にマネージメントも任せているケースが散見されます。

日本でお店を出すように、職人さんがぽーんとお店を出すことは無理があるかもしれません。しかし、今、海外では「真の日本食」が求められています。海外で日本食レストランの経営・調理を担当している方の大半は、実は中国人だったということが良くありますし、出される料理も日本のものとはどこか違うということも、それは海外のお客さんも知っています。ここに、日本で出されるような日本食を作れる職人さんと、そういった環境を整えられる経営者が手を組んで進出しない手はないんじゃないか!と私は思います。

次に、「フレキシブルに考えよう」ですかね。例えばですが、「オシャレなフル装備の高価な冷蔵庫」と「最低限の簡易な安価な冷蔵庫」。インドではどちらが売れると思いますか?

―簡易な冷蔵庫でしょうか。

そうですね。では、日本食とカレー。インドではどちらが売れると思いますか。

―それは、う~ん……。

でしょう?(笑) 2つの質問はどちらも、考え方は同じなのですが、ちょっと変わるとわからなくなってしまうんですよね。日本だったら、1人当たりの消費額が高いですし、もので溢れていますから、「多少高くても質の良いもの」が売れます。インドはまだ1人当たりの消費可能額が高くないですし、ものがない層も多いですから、「安くて機能するもの」の方が売れます。この「~の方が売れる」というのは、買ってくれるお客が多い、つまり市場が大きいということですね。

日本食とカレーも同じことです。日本食は一食当たりが高い上、インドの人にとってあまり馴染みのないもの。日本食を好む人、あるいはお金をかけられる人が人口の1%だとすると、およそ1200万人。その市場の100%のシェアを取るよりも、カレーなら12億人が食べますでしょうし、12億人の市場の2~3%のシェアを占めるだけでも、それだけで3600万人のお客さんがつきます。正解は「カレー」です。

―なるほど! 数字で考えればわかりやすいですね。

私が言いたいことは、日本人はもっとフレキシブルに物事を考える必要があると言うことです。電機メーカーであれば、地域性に合わせて商品を開発するのは当たり前です。ところが、インドでカレーを売るというと違和感がないでしょうか。でも、日本のカレーだって立派なカレーです。マーケットがこれだけでかいのですからチャレンジする意味はあると思うというか、むしろそうするべきではないかと思います。

例えば、ロシアでは凄い寿司ブームですが、にぎりより圧倒的にロールの方が売れます。そのロールにはアボガドやチーズやカラフルな色の飛び子が入ってたりするんですが、日本人はどうも「あんなのは寿司じゃない」と言い切る人もたくさんいるようです。

ロシアでは、日本人が思ってるよりはるかに凄い寿司ブームで、和食レストランだけでなく、中華レストランでもイタリヤレストランでも寿司を売ってます。でも、売れているのはロールばかり……。これって悲しいことですか??? もっとフレキシブルに考えれば良いのではないでしょうか。

―はい! 心がけます!

それから3つ目ですが、日本の生活とは較べないようにしましょう。日本は、宅配便を出せば時間指定までして配達できます。確実に。荷物をなくされることもなく。そういったインフラは、確かに日本は良く発達しています。ロシアでは「荷物が紛失した」「届かない」なんて珍しくはないでしょう? しかし、だからと言って「ロシアはビジネスをするには危険だ」とか「カントリーリスクが大きい」といったことにはならないと思います。事実、米資本や中華資本、ドイツ資本、イスラエル資本なんかは、ロシアに既にたくさん進出しているのですから!

最後に4つ目。「会社に入ったらプロのサラリーマンになりましょう」ですね。重要なのは、組織の中で自分の存在意義を確立すること、なんですよ。自分以外の誰かに簡単に取って替わられてしまわないよう、「こいつがいなくなったら困る」というくらいにならなくてはダメです。そのためには、会社で勉強出来ることはしっかり勉強して、知識を得ることが重要です。その意味では、特に若いうちは起業して独学で学んでいくより、組織の方が大きな仕事も出来るし、たくさんのことを学べるチャンスはあるかもしれません。

ということで、ぜひ頑張ってくださいね。

―たくさんの貴重なメッセージ、ありがとうございます!

インタビューアーから一言

池光さんとはレストランУДОНъяСАНで行われている「うどんを普及させる会」にてお会いしました。この会では、モスクワ近辺に滞在されている日本人の方々が集まると聞き、既に行ったことのある友人に紹介してもらい、参加してきました。お話を通じて、「海外で働くということ」「ビジネスとは何か」など、たくさんの教訓を頂きました。この度は本当にありがとうございます!!

第1編はこちらから>>第2編はこちらから>>

木村荘一郎。1987年生まれ。高校三年間を米国オハイオ州で過ごし、帰国後は北海道大学経済学部に入学。現在3年に在籍。1、2年は課外活動、2、3年は学業に精力的に取り組み、現在はモスクワ大学外国語学部に留学中。ロシア語の研修をしながら、現地で様々な出来事と格闘中。