海外生活体験者・社会人インタビューvol.61〜後編〜

interviewee_s_164_profile.jpg 中島美紗央さん。1984年生まれ。神奈川県横浜市出身。中学の3年間をマレーシアのクアラルンプールで過ごし、現地の日本人学校で学ぶ。中学卒業後、日本の高校へ通い、その後早稲田大学法学部に入学。07年リクルートに入社。住宅情報(現SUUMO)に配属、3年間の営業を経て、4年目の現在は人事部採用グループに所属。

インターンとはレベルが全く違います!

―大学時代の活動についてお話を伺ってきましたが、ご自身の経験から大学のときにやっておくべきということはありますか。

私が大学時代にやっておいてよかったと思ったのは、お話した通り社長さんなどの普段会いにくい人に、会う機会がたくさんあったことです。授業にいらっしゃることも多いですし、会社説明会なども普通にありますよね。社会人になってからでは、例えば会社の役員がどれほど仕事ができる人物なのかを肌でわかっているため、気軽には話しかけにくくなると思います。いいか悪いかは別として、学生だからこそできることだと思います。

その他では、ストレスの流し方を見つけておくことですね。自分のコントロールの仕方を知らないと、次々に降ってくる仕事や、色々な日々のストレスにつぶされてしまいます。私自身も、あまりに仕事ができない、結果が出ない自分が辛すぎて、記憶が半分ほど消えてしまっている時期があります(苦笑)

―1年次からベンチャー企業でインターンをするなど、私から見ると中島さんはかなり鍛えられていたようですが……。

インターンとはレベルが全く違います! フルタイムで働いたとはいえ、やはりインターンではどこかで自分が学生だという安心感があり、短期であり、また自分が失うものもなかったのでやっていられました。ですが、社会人は「この環境で長期間やっていかなければならない」という状況で働くことになります。家族ができたら守るものもできます。

また、私の仕事は、飛び込みではなく、先輩の顧客を引き継いで、さらにその売り上げを伸ばさなければいけないタイプのものであったので、先輩たちが築いてきたお客様との関係性を壊すわけにいかないというプレッシャーもありました。

自分がやらなければならないことはわかっていても、売れなかった1年目などは、お客様の思いを汲めなくて失敗してるのに、でも売り上げを伸ばすためにまた提案に行くことで、お客様には嫌な顔をされ……という毎日で、もうボロボロの中で迷走する期間がありました。そういう中でもがいていき、ようやくお客様から「そういうのを待っていたんだよ」と言われて、営業の楽しさを知るまでは大変でした。

ですから、ストレス発散する場所や方法は複数持っておくべきです。社会人になってぶつかるものは人それぞれですが、必ず何かにぶつかるので。ストレスがないという社会人に会ったことがありませんから(笑)

学生には嫌なものから逃げることができる環境がありますよね。社会人と学生でいちばん異なるのは、嫌いな人やものがあるかということです。お金をもらう側は、まずは任された仕事をやり切ってから、自分のやりたい仕事ができるのかなと思います。それがどんなに興味のないものでも関係ありません。

今まで、嫌なものは避けて、やりたいことに打ち込んできた人にとって――無意識の場合もあると思います――、その嫌なものをどう受け止め、好きなものに変えていくかが難しいんです。だから、大学生のうちに苦手なものに直面したとき、「ま、いっか」と思えたり、土日は遊ぶから頑張ろうと考えたり、嫌なものを受け止めつつも、自分で抜け道を作れるようにしておいたほうが、全てを抱え込んで倒れてしまうようなことにはなりにくいと思います。

―私も、自分が嫌いなものや面倒くさいものは避けてばかりきたので……。このままではストレス貯め込みそうです。たくさんのアドバイスありがとうございます。

何をやっているのかよくわからないのが魅力

―では話題を変えて、現在、中島さんがリクルートでされているお仕事について教えてください。

入社後3年は、住宅情報(現SUUMO)の部署で営業をしていました。そして、今年4月から人事部採用グループに異動となり、今は来年入社してくる学生の面接や社員紹介、会社説明会を含め内定者の育成などを担当する部署にいます。また、今の時期ですと、現在3年生の学生たちにどのようにリクルートをアピールしていくかなど、再来年の入社組への対策も練っているところです、

―学生に関わるお仕事をされているんですね。普段、私たちが目にする機会の多いリクルートの出版物といえばホットペッパー、フロム・エ―、ゼクシィからカーセンサー、SUUMOなど幅広いですよね。

幅が広くて一体何をやっているのかよくわからないのが、私にとって良かった点でもあります。私の場合は、大学を出てやりたいことが決まっていなかったため、内定をいくつかいただきましたが、そこで迷ってしまいました。考えた末に出した結論は、「自分が今の時点で、一生何をしたいのか決めることはできない」ということでした。

ですから、やりたいことに気付いたときにそれを実行できる制度や風土が整っているリクルートを選びました。リクナビは自分も登録していたし、フロム・エーは読んでいたし、いつか車や家を買いたいし、結婚もするし……と、何かしら関心を持てそうなあらゆるものを扱っている選択肢の多い企業なのです。

実際自分が営業から人事部に異動したのも、興味ややりたいことがそちらにあったので、キャリアウェブという、丸2年働いた人だったら誰でも応募できる、自分の希望で部署を選んで異動できる制度を使いました。

主婦向けのサービスを提供する起業

―確かに車、住宅、結婚などはどれもこれからの人生で関わりがあるものですね。選択肢といえば、インタビュー前半で起業という道も希望していると仰っていましたが、その時期や具体的なアイディアは浮かんでいますか。

起業については、私が子供好きなので育児に専念し、子供が6歳になった頃にと考えています。内容については、非常にザックリしていますが、いずれは住み心地のよいマレーシアに住みたいという願望があるため、可能ならば私が日本にいなくても業務ができるものがいいなと思います。

「CCC」のサークル活動など、昔から自分と似たニーズがある人に対して、何かしらのサービスや企画を行うことに魅力を感じてやってきました。決して万人受けするものではなくても、社員20人ほどの規模で主婦層向けに何かできたらと考えています。たとえば「兼業主婦」を育ててネットワークするような。

リクルートでやろうとすれば、基本的には会社にとっては投資となるので、リターンを得るため事業をどんどん拡大しなければなりません。個人で独立する場合は、20人でずっとやりたい!というわけにいかないので、起業したいと思っています。私個人の一番幸せな働き方は、社員一人ひとりの顔が見られて、その雇用には責任を持てる状態かなと。それ以上多くの雇用を担うことは、私にとっては苦しみとなってしまいそうです。

思いっきりいろんなことにチャレンジしてほしい

―それでは最後に、大学生に一言アドバイスをお願いします!

皆が言うことではありますが、学生ってすごくいい身分ですよね。何をやっても怒られるだけで済み、責任は伴わない。「しょうがない、学生だから」と許されます。そこを上手く使って、良い意味で失敗をたくさんできます。社会人になって痛感するのは、失敗すると多くの人に迷惑がかかるということです。失うものがほとんどない学生のうちに、思いっきりいろんなことにチャレンジして欲しいな。

そんなに大きなことから始めなくても、まずは今まで買ったことのないジャンルの本を買ってみたり、普段降りない駅で降りて違う道を歩いてみたり。日々のささいな事を少し変えるだけで、見える世界が違ってくるので、是非やってみて欲しいと思います。

―貴重なお話をありがとうございました。

インタビューアから一言

中島さんは、大学の講義にゲストスピーカーとしていらした際、大学時代の活動を笑いを交えながらお話してくださり、私は話しに夢中になりすぐに惹きこまれました。インタビューでは、大学4年間の活動や大学生へのアドバイスを中心にお話を伺いましたが、各学年これに打ち込んだというものが明確にあり、私もなんとなくサークル活動をするのではなく、必死に頑張ることができるものを探そうと刺激を受けました。まずは、アドバイス通り、普段読まない本を買ってみたり、隣駅で降りて歩いてみたり、小さなことから始めたいと思います。

前編はこちらから>>
宮崎紗絵子。1989年生まれ。愛知県出身。高校1年の夏からアメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで暮らし、Rancho Bernardo High Schoolに通う。高校卒業後帰国し、09年早稲田大学法学部に入学。現在2年に在学中。大学では、法律サークルに所属し活動している。趣味はミュージカルなどの舞台鑑賞。