海外生活体験者・社会人インタビューvol.88〜前編〜

interviewee_s_218_profile.jpg アレン玉井光江さん。広島県出身。ノートルダム清心短期大学を卒業後、アメリカ合衆国にあるNotre Dame de Namur University、San Francisco State University大学院を卒業。日本に帰国後、文京女子短期大学の「子ども教室」で仕事を始め、神田外国語学院など専門学校で非常勤の講師を務める。その後、大学の教員になり、テンプル大学から英語教育学の博士号取得。文京学院大学、千葉大学に勤め、青山学院大学でも非常勤講師を同時に勤めていたが、昨年度より、青山学院大学文学部英米文学科英語教育の教授を勤めている。今までに10冊の本を出版しており、JACET、JASTEC, JESなどの様々な団体に所属している。

―アレン先生、今日はお忙しい中、インタビューを引き受けてくださってありがとうございます! では、よろしくお願いいたします。

はい、よろしくお願いします。

―今日は先生が今まで歩んできた道がどのようだったのか。今まで、目標にしてきたことは何か。そして、なぜ教員になろうと思ったのか、大きく分けて3点をお伺いしたいと思っています。

広島→アメリカ→東京

―では、まずはじめに、先生の今までの経歴を教えていただいてもよろしいでしょうか?

私は広島県出身です。ノートルダム女子短期大学を卒業するまで、ずっと広島に住んでいました。短大卒業後、広島大学で職員として働きながら様々なアルバイトを重ね、2年間で必要なお金を稼ぎ、アメリカにあるノートルダム大学で勉強しました。そして、その後、サンフランシスコ州立大学大学院へ進みTESL/TEFL学科を専攻したの。

―TESL学科! 素晴らしいですね。私もそういうところに入学してみたかったです。。。

そうね。サンフランシスコのTESLは、結構有名です。やはり当時からNYやCAは移民が多いから需要もあるし、英語を第二言語としてみる教育が発展していました。80年初頭、そこで、いろいろな先生に教えてもらいました。

―東京に来てからは、何のお仕事をなさっていたのですか?

25歳から、文京女子短期大学(現文京学院大学)英語英文学科で非常勤教師に。短大に併設されていた「子ども英語教室」の先生を務めながら、神田外国語学院などの専門学校でも非常勤で英語を教えました。

当時もやはり、教育関係の就職は知り合いがいないと難しかったの。私は、海外の大学を卒業していたため、日本に帰ってきたとき、なかなか仕事はなかった。出身校の短大では空きもなく、広島では英会話の先生の仕事しかありませんでしたね。何もないから、「子ども教室の先生にどうですか?」と薦められ、東京に来て、教え始めました。それだけでは生活ができなかったので、専門学校の教師も掛け持ちしていたの。

―すごいですね!

いや、すごくないわよ(笑) 専任職じゃないから、掛け持ちしないとお金は貯まらないの。でも、3ヶ月くらいしたら短大に空きが出てね、そこに入れてもらって、非常勤講師として3年勤め、29歳のときに専任になったのよ。

―忙しい日々を送っていたのですね、今もそうですが……。

そうね。私は決して裕福な家で育って来ていないから、教育費とかは親から出してもらうのが嫌で、自分できちんとするとか、そういうところは徹底していたかな。祖母がアメリカの大学へ行く前、10万くれたのだけど、アメリカのために稼いだお金は全部なくなっちゃたしね。大変だったな。

―アメリカに行くためには、どうやってお金を稼いだのですか?

広島大学で2年間事務員を務めていたわ。1ヶ月8:30~17:00働いて、給料は7万5千だよ!? すごいよね~(笑)

―え? 安くないですか? その当時は当たり前だったんですか?

私は安い方だと思うわよ!!(笑) だから私は、その後もすぐバイトに行っていたの。大体家庭教師よね。時々ビルの掃除のお仕事とかもしたしね(笑) だけど、大学での事務仕事は割りと楽だったし、お金もあまり使うことなかったし、唯一使うとしたら、みなで喫茶店に行って一緒にお茶するくらい。

―いろんなアルバイトを経験をなさったのですね。

そうね。それで2年間で300万貯めたのよ! すごいでしょ?(笑)

―すごーい! 300万?!

すごいでしょー? でも、その代わり家には入れてないよ。それは許してもらったの。卒業してもう一度大学に行きたいって言ったときは、親は猛反対だった。だから、卒業後すぐに約束はしてきたのよ。2年間でお金を貯め、TOEFLという試験に受かったら行かせてくださいって。

どちらか片方が達成されなかったら、そのときは諦めるって決意はしていたの。2年間見守ってもらうよう契約をしたの。父親は私が苦労している姿を見ていたのね。原書をなけなしお金で買って勉強したりしていたの。だから、試験に受かったときは、もうNOとは言えなかったのね。

研究員としてハーバードへ

仕事をしてお金を貯め、無事留学して、サンフランシスコ州立大学大学院で修士号を取得したわ。文京女子短期大学で常勤になり、助教授になりました。34歳のときには、海外研修のサバティカル在外研究として、ハーバードで研究する機会をいただきました。これが、留学としては2回目ね。

―ハーバードへ行ってらっしゃったのはどのくらいですか?

9ヶ月間よ。今でも、そこで仲良くしていた人とは仲が良いわ。その時お世話になった先生は、教育という分野ではとっても有名な先生なんだけど、今もよくConferenceでお会いします。この間、ベルリンに行ったときも会ってきたの。重なるようで重ならない分野だから、共同研究とかはできないんだけどね。Conferenceとかでは、たまにお会いできるのよ。

再入学と博士号の取得

ハーバードに行ったのがきっかけで、ずっと子どもと大人の教育について教えてきていたのだけど、次第に子ども方が楽しくなってきたの。だけど、色んな文献を読んでも、自分の力不足に直面して。これではいけない、根本的に力をつけて行かなくてはいけないと思い、38歳のときに、テンプル大学日本校に再入学したわ。

42歳で博士号を取得。ここでは、2年間専門単位を取得し、あとの2年は自分のリサーチ。イギリスはむしろ最初から自分の研究テーマとかに専念できるのだけどね。アメリカでは必須単位を設けるのよ。

ここでの勉強は、授業はほとんど大人の学習者についての研究が主で、私のやりたいことに直接役に立つわけではなかったのね。でも今考えると、あの時いろいろ学んだことは、やはり今役に立っているわね。特に役に立ったのは統計学。科学的な研究をするためには不可欠だものね。

この大学で特に得ることができたのは、優秀な教授陣との出会い。すごく忙しい人たちだけど。この間、そのうちの一人がNYから日本にいらしてくださったのよ。とにかく会わなくてはいけないと思い、彼に会うことができたのだけど。私は、自分が持っていた疑問とかを今まで、いろんな人に意見を聞きまわってはいたけど、彼は私が5年くらい考えていたことについて、30分で説明してくれたの。すごいよね。やっぱりプロってこういうものかなって思って。教師でありながら生徒であるって、とても良いなって感じたの。

―うわ! それ、とても素晴らしいことですね。私もそういう人間になりたいです。

その後、私はずっと英米文学科で教えていたけど、保育学科に移るの。やはり、小さい子を教えると、どうしても児童心理、発達心理が必要になってくるからね。とてもよい勉強になったし、保育学科で仲良くしてくれた心理を専攻している友だちとは、今でもよく電話でお話したりするわ。お互い得意な分野は違うけど、違うからこそ助け合って、もっと成長していくことができるの。

私は何年も英語という世界で暮らしてきているけど、英語だけじゃなくて、他へ視野を広げるということの大切さを教えてもらえたわ。

それから、保育の先生たちも仲良くしてくれて。私が仕事をしていた文京大学の付属幼稚園では、週1回英語の授業があったから、実は、バーバードへ研究を行ったあと、12年間ずっと幼稚園でもお仕事をしていたの。保育学科で巡り会った先生は、私にいろいろ1から教えくださったの。幼稚園生へのしゃべり方や子どもたちの話をたくさん聞かせて下さったの。

07年からは千葉大へ転籍して、それから3年間、教育学部小学校課程や中学校課程の学生や院生、そして海外からの国費留学生も教えました。

―あれ? 小学校課程の学生たちには、もう英語プログラムがあったのですか?

いや、特別に千葉大の先生方が既にそのようなプログラムを作られていたの。小学校課程の学生たちは、英語が専門科目というわけではなく、全教科をマスターしなくてはいけません。卒業するときには、必須単位として必ず論文を書かなくてはいけなかったので、彼らは頑張っていたわ。小学校課程の学生は、1つ自分の得意な分野について論文を書くということになっていて、体育専修、音楽専修など、そして英語をメインにしたい異文化コミュニケーション選修というのが作られていたの。その選修の学生さんたちが私の下で外国語活動というテーマで論文書いたわ。

―青学で英語教育について授業を行ってくれていたのは、千葉大でまだ専任をしていらっしゃったときですか?

青学では、実は84年から92年くらいまで、経済学部の英語を教えていたの。英語教育について授業をやってくれと、正式にオファーを受けたのは、2000年の頃から。今年から青学の専任に就いたのよ。

教員としてお仕事をしているとね、就職した卒業生とよく会う機会があるの。日本英語検定協議会に就職する人もいるしね。やはり同じ分野で働くっていいことよ。

―日本英語検定協議会でのお仕事とは、どういうことをされるのですか?

時々小学校英語について意見を聞かれます。テスト理論にも興味があり、今自分でも色々勉強しています。あなたたちが普段あれだけ左右されているテストには、きちんと妥当性や信頼性があるのか考えていないでしょ?

今、海外は完全に統一テストに徹底しているから、小学校から大学院まで一貫したカリキュラムがあるの。それをこなせれば、資格を取得できるという英検方式を真似ているのよ。本家本元が可哀そう。日本の英語教育に一貫性がないからしょうがないけど、英検というものが独立してしまっているのよ。本当だったら英検をベースにして、日本でも教育を図れれば、妥当性を見ることも可能になるのにね……。

だから、もし英語教育とかに興味があって、そういう道に進みたかったら、考えてみるのもよいかもしれないわよ。いろいろ見てみてね! 私の経歴はこんな感じかしら?

―ありがとうございます!

後編はこちら>>

土橋美紀。1988年生まれ。長野県出身。小学3年から小6まで、アメリカのオレゴンに暮らし、高校3年間はアメリカのジョージア州で生活し、North View High School卒業。大学受験のため帰国し、青山学院大学文学部英米文学科に入学。現在3年に在学中。大学では、教職課程を専攻し、英語教育などについて勉学中。児童福祉ボランティア青山子ども会という部活に所属し、相模原と青山キャンパスの往復をしている日々。