活動報告 「世界の学校から」vol.37 田中潤

今回は、東京大学法学部三年の田中潤さんから、高校時代を過ごしたPalos Verdes Peninsula High Schoolをご紹介願います。Palos Verdes Peninsula High Schoolはカリフォルニア有数のマンモス校であり、クオリティの高いカリキュラム内容や大学顔負けの設備、そしてカリフォルニア特有の陽気で明るい空気が溢れる小説に出てきそうな学校です。

report_s37tanaka3.jpg 田中潤さん。1990年生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。Palos Verdes Peninsula High Schoolにて生徒会長を務める。18年間のアメリカ生活から一転して、09年に東京大学に入学。現在同大学法学部4年。日比野勤的な精神学、論理学の観点から憲法を解析し、掘り下げて行くメソドロジーを模索中。同時に、寺尾美子教授の下で、英米法を憲法的観点並びに女性裁判官の視点から俯瞰し研究する指導を受けている。

活動報告

4年間の高校生活を、アメリカ合衆国カリフォルニア州パロスヴァーデス市のPalos Verdes Peninsula High School (PVPHS)で過ごしました。カリフォルニアの気候の良さと陽気さを最大限に楽しみ、OC等のドラマに出てくるような、典型的な「アメリカン」ハイスクールライフを送れる素敵な学校です。 report_s37tanaka2.jpg

パロスヴァーデスという街

パロスヴァーデスはロサンゼルスの郊外。ハリウッドスターに留まらず、ソニー、スクウェアといった、日本でも馴染みのある企業の社長さんが邸宅を構えています。有名な高級住宅地がある、椰子の木と爽やかな海の香りが溢れる態様に恵まれた街です。サーフィンやボディーボード、シュノーケリング、ダイビングといったマリンスポーツが盛んで、上半身裸にサングラスのイケメンや、蠱惑的なラインを魅せる水着美女が歩道を闊歩しています。

世界中の企業の支店が多く、ハリウッドやシリコンバレーなどにもアクセスが良いことから、まさに「サラダボール」と言えるパロスヴァーデス。街に足を踏み入れてみれば、英語はもちろん中国語、日本語、韓国語、スペイン語、フランス語と、様々な言語が飛び交っています。人種こそ違えど、カリフォルニアの陽気な空気と眩しい太陽の下では、みんな「フレンド」。笑顔で接してくれる人情溢れる街です。

report_s37tanaka4.jpg


学校生活について

私は04年に入学し、08年の卒業までPVPHSに在籍しました。

PVPHSの特徴は、広大なキャンパスと3000人以上の生徒数を誇る多様性。2階建て以上の建物がなく、非常にオープンで大学のような空気を味わえる、ちょっと変わった高校です。高校の中心部には円形劇場があり、昼休みはDJが流行りのラップを流したり、軽音部がジミヘン調のギターリフを奏でたり、とにかく「アップビート」でアメリカンなテイストを味わうことができます。 report37_tanaka2.jpg

スポーツ設備も充実しており、両翼90メートルを超えるメジャー仕様の野球グラウンドをはじめ、ダイビング練習もできる50メートルプール、数百人の観客を収容できるバスケットボール体育館、そして何よりも高校スポーツの花形であるフットボールのスタジアムは全校生徒3000人を優に収容でき、放送席まで完備しているという徹底っぷり。数々のプロスポーツ選手を生み出したPVPHSならではと言えるでしょう。

しかし、スポーツだけがPVPHSの華ではありません。学業も全米の高校トップ50に名を連ねるレベルで、大学でしか履修できない高度微積分などの充実したカリキュラムのほか、「油絵」や「フォトグラフィ」等の芸術方面も手広くカバーしています。「陶芸」クラス用の竈が三基もある高校は、全米の中でもPVPHSだけではないでしょうか。

履修登録も大学に似たシステムを用いており、必須科目さえ取れば、残りの単位は自由に選択ができるという、アカデミアの場として申し分ない体制をとっています。また、生徒一人ひとりに学業カウンセラーが割り振られ、いつでも気軽に履修のアドバイス等をもらえるという、徹底された学業プランを構築しています。

最後に

report37_tanaka1.jpg 私はPVPHSの1年次に生徒会長に就任しました。3000人もいる生徒を統べ代表する役職で、大変大きな責任がありましたが、学校やリーダーシップについて深く知ることができる大きなチャンスでした。また、これを機に、人種など関係なしに、アメリカではやる気さえあれば何か掴めることに気づいたとも言えるでしょう。

PVPHSはCalifornia Scholarship FederationやCalifornia Board of Educationといった、学業に携わる各種機関との距離が近く、生徒会長という役職はこの高校を良くするという理想を真に成し遂げる上で大変役に立ちました。生徒と教育者の距離が近いことも特徴であり、校長とアポさえ取ればいつでも面会ができるという、他の高校ではなかなか見られないシステムがあります。これらを通して、私は1年生ながらも積極的に高校側やPTAなどに働きかけ、学校設備の改善等に努めました。


Palos Verdes Peninsula High School :
http://www.pvphs.com/