就活支援セミナー2012 第2回詳細情報

第2回のwebエントリーは、9月30日20:00より開始します。

「マスマーケティングからone to oneマーケティングの時代へ」
就職活動支援も、信頼できる学生をone to oneで企業に紹介することを目指します。

第2回就活支援セミナーの詳細が決定いたしました!

みなさんは、参加者500名&質問時間10分の
合同説明会や就活セミナーに満足できますか?!

RTNプロジェクト就活支援セミナーは、参加者数100名!
企業人事&新卒採用担当者の方のパネル・ディスカッション以外に、
質問&懇談時間はたっぷり150分!

RTNプロジェクトのセミナーを、既存のセミナーと同列視しないでください!

今回の参加&協賛企業は、楽天・日本ロレアル・P&G・アサツーディ・ケイの4社様です。

会場のキャパシティの関係上、オープンエントリーは先着100名様に限り参加いただけます。海外生活体験者向けのイベントですが、将来グローバルに活躍したいとお考えの方は、それを了解してくださるのであれば、一般の方でも参加可能です。

直前のキャンセルはご遠慮願います。
連絡がない場合は、次回以降、就活支援イベントのエントリーをお受けできなくなるかもしれませんので、ご注意ください。

また、エントリーと同時に、登録がお済でない方は、SNS「RTN Network」に登録し、「就活生フォーラム」と所属大学コミュに参加を願います。なお、PCアドレスは、大学のアドレスは受け付けません。個人のパーマネントアドレスでご登録願います。

上記2点が、エントリーの必須条件になりますので、よろしくお願い致します。

注1:弊団体では、大学等のアドレスを受け付けておりません。
個人のパーマネント・アドレスでエントリー&登録をお願い致します。
注2:「就活生フォーラム」はどなたでも参加いただけますが、参加要件がございます。詳しくはコミュニティの説明をご覧ください。

なお、RTN Project就活支援セミナーの概要は、こちらからご覧ください。

【主宰】すどうさん (こちらから)

【開催日】10月14日(日)

【開催場所】

独立行政法人 国立青少年教育振興機構
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟501教室
http://nyc.niye.go.jp/
http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

場所は以下でご確認ください。当日誘導はございません。


大きな地図で見る

【当日のスケジュール】

受付開始:12時30分(時間厳守で願います)
開始時間:13時00分
終了時間:19時30分
※ 講義120分、パネル・ディスカッション90分、懇親&懇談150分

【費用】1000円(会場費・コピー代・ゲストの交通費に当てさせていただきます)

【ドレス・コード】私服でお願いいたします。

【申し込み方法】エントリーをご希望の方は、エントリー・フォームに、氏名・連絡先アドレス等を全てご記入の上、送信してください。

なお、個人情報の取り扱いについては、プライバシー・ポリシーを遵守しております。

詳細等については、以下にお問い合わせ下さい。
info@rtn-net.com

【注意】

■当日は時間厳守でお願いいたします。
■事前に地図で場所をご確認ください。

【セミナー内容】

第1部 講義 就活について学ぼう!
【内容】

「OB・OG訪問」 OB・OG訪問は必要か? 内定につながるOB・OG訪問とは?
「人間力」 就活で要求される能力は、果たしていかなるものなのか
「キャリア・デザインⅠ」 キャリア・デザインの一環として就活を考える

第2部 パネル・ディスカッション 企業の話を聞いてみよう!
【参加企業名】
楽天株式会社
http://corp.rakuten.co.jp/
日本ロレアル株式会社
http://www.nihon-loreal.co.jp/_ja/_jp/index.aspx
P&G(プロクター・アンド・ギャンブルジャパン株式会社)
http://jp.pg.com/
株式会社アサツーディ・ケイ
http://www.adk.jp/

第3部 懇親&懇談会 企業人事部の方と直接懇親&懇談しよう!
【参加者名】
藤原達生様
(楽天株式会社 Recruitment and HR Development Group
New Graduate Recruitment Group)
岩崎麻由様
(日本ロレアル株式会社 人事本部人材・キャリア開発グループ)
今泉千春様
(Procter and Gamble Japan, K.K. HR Talent Supply)
宮武俊介様
(株式会社アサツー ディ・ケイ 人事開発本部人材開発室)

以上、みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

RTN Project 広報部